肌の露出が多いファッションを好む人ほど性欲が強く特にノーブラやショーパンとか
マイクロミニといった格好を好む女性ほど性欲が強いと言われ

無意識レベルで裸に近い状態を求める傾向があります。

ある医学的に女性の性欲のピークは35歳を過ぎて40歳を迎える頃とされていますが
女性は35歳を過ぎるとエストロゲンという女性ホルモンが減ってきて相対的に
男性ホルモンであるテストステロンの働きが強まり一時的にガツガツとした
性欲が出てくると考えられています。

同時に

エストロゲンは肌の新陳代謝を高めて肌質を向上させるので肌がピカピカで尚且つ
潤いを兼ね備えている女性は性欲も強い場合が多くこの性欲のピークは
数年~10年程度とみられエストロゲンの分泌が減るにつれ

女性器(膣)がどんどん濡れにくくなり若い頃に比べると
性交がスムーズにいかなくなりそれと平行して
性欲も低下していくと考えられます。

それに

50歳前後で大半の女性に閉経が訪れエストロゲンの分泌はほとんどストップして
閉経前後には微熱、不眠や倦怠感、性交痛などの更年期障害に悩まされる
女性も少なくなくて生物学的にはこれが「生殖活動は終わり」という
シグナルになります。

また

閉経以降は膣が萎縮していき女性によっては指一本入らなくなってしまうケースも
ありますが性的なパートナーがそばにいるかどうかつまりセックスを恒常的に
しているかどうかによって膣の萎縮や性欲の減退には個人差があり
60代・70代になってもセックスは可能で年齢とともに性欲が
減退していく事は間違いありませんが人間の場合は
生きている限り性欲はなくなりません。

それから

女性の性欲と食欲は密接に関係があり性欲と食欲の中枢は大脳の中で隣り合わせに
あり男性よりも女性の脳の方が二つの距離が近いため互いが影響し合いやすいと
され現代のあまりにも淡白な男性の夜の営みに欲求不満になった女性が
甘い食べ物に傾倒していき依存症に陥ってしまうケースもあります。

つまり

チョコレートはセックスレスで欲求不満になった女性にとってドラッグの一種でもあり
自分が当てはまるという女性は上手な自分なりのストレスの発散方法を
見つける事と女性はセックスについて男性ほどには表現しませんが
実は女性も

 

「たくさんいろんなセックスをしたい♪」

 

思うもので男性がそういった彼女の気持ちを察して上手に誘う事ができたなら

女性の心身はさらに満たされます。

要は

相手次第で性欲をコントロールするのが女性で相手によって性欲のスイッチが
onになったりoffになったりします。

と言うのは

その相手と良いセックスをした経験があるともっと良いセックスをしたくなり逆に
良いセックスをした経験がないとセックスに興味が無くなるという事で
このあたりはセックスにおいて受身な女性特有の相手次第」
いえるでしょう。

なので

女性が性欲を持つのは「恥ずかしい」と思われがちな日本の風潮は
根強いですが
性欲も立派な人間の基本的欲求のひとつで年齢や
環境による性欲の変化と
向き合いながら自分の体と心を
大切にしながら愛のある充実した性生活を

送れると良いですね。