レテルの苦労

2017/11/04

レテル「はぁ・・・。」

 

すみの「どーしたのさレテル」

 

レテル「あ。常識人(たまに変人だけど)」

 

すみの「?」

 

レテル「いや。名前知らないからそう呼んだけど」

 

すみの「あ、そうだっけ。私はすみのだよ んでどうしたの?溜息ついてたけど」

 

レテル「そりゃ、溜息も付きたくなるよ。ミーアに会うたんび追いかけられるし。妹には女子力って言われるし・・・。リソラさんには何故か殺されかけるし・・・。」

 

すみの「・・・・泣いてもいいんだぞ」

 

レテル「いや、胸を貸してもらえる相手なんていないし、虚しいからやめとく」

 

すみの「いいんだぞ、レテル。おいで」

 

エヴィ「ちょっと待った。レテルさんくたばれ」

 

すみの・レテル「!?」

 

レテル「あ。」

 

エヴィ「何反射的に驚いてさりげなく抱きついてんですか。」

 

すみの「いーんだよ・・・。レテルの苦労を察しなさい」

 

エヴィ「そ、そんな・・・。私のことがそんなにお嫌いですか・・・!?」

 

すみの「うん」

 

レテル「((((;゚Д゚))))」

ぎゅーっ

 

すみの「レテル怖がらせてるんじゃないよっ!!」

 

エヴィ「!?私のせいですか!!?」

 

レテル「・・・・アンタ以外に誰が俺を困らせるんだよ」

 

エヴィ「え、女の子のくせに俺!?」

 

レテル「俺は男だこのやろおおォォっ」

 

すみの「うわぁ・・・delicacyなさすぎ」

 

エヴィ・レテル「無駄に発音いいなおい!?」

 

すみの「ハモってるね。仲いいなおい」

 

レテル「どこがだよ!?俺怯えてたのわかる!?」

 

すみの「うん」

 

レテル「じゃあ察しろよ!!」

 

エヴィ「もうなんなんですか。ていうか離れなさいよアンタ」

 

レテル「嫌だよ!こえーよアンタ!!」

 

すみの「アンタらうるさいよ・・・」

 

レテル・エヴィ「誰のせいだ!!?」

 

すみの「あたし?(震え声 」

 

エヴィ「なにしてんですか・・・お嬢怖がらせんじゃねぇっすよ」

 

レテル「いやいやいやいや。主にお前のせいだろ!?」

 

すみの「レテルの苦労・・・わかるよ(肩に手を置く 」

 

レテル「すみの・・・(´;ω;`)ウッ…」

 

エヴィ「いい雰囲気醸し出すなこのリア充」

 

すみの「ごっめwwwあwwたwwwしwww非リアwwwww」

 

レテル「・・・・(/ω・\)チラッ」

 

すみの「レテル・・・女子力って言うわけじゃないけど可愛い」

 

レテル「(´・ω・`)」